プロ奢ラレヤーさんの「嫌なこと、全部やめても生きられる」の感想

こんにちは!四柱推命鑑定師の、星河美宇です( ^ω^ )

予約して 楽しみに待っていた、プロ奢ラレヤーさんの新刊、「嫌なこと、全部やめても生きられる」が、発売日の昨日、届きました✨

私はプロ奢さんがとっても好きで、以前 ブログ上で、占わせて頂きました😆✨

(プロ奢さん、勝手にすみません🙇‍♀️&ありがとうございます✨)

プロ奢ラレヤーさんを勝手に占ってみました(後編)

2019-03-25

プロ奢さんの考え方って、悟りの境地というか、大好きな心屋さんの考えと とっても似てるところがあるんですよね。

星の通りに・自分らしく生きるとかって、ここまで思いっきり体現している人というのは 中々いらっしゃらないので、いつも発信を楽しく拝見しています✨

本を読んでの感想を一言で言うと、やっぱり心が楽になった♡です✨

それでは さっそく、本のレビューを書いていきたいと思います✨

「好きなことで生きていく」より、「嫌いなことで生きていかない」の方が大事

「好きなことで生きていく」というのは ここ昨今の起業ブーム・副業ブームにより、あちこちで聞くフレーズです。

すごくかっこ良く聞こえますし、それ自体は素晴らしいことです。

しかし、そもそも ‘好きなことを見つける’ことそのものが、結構難しいことだったりします。

というのは、ボンヤリと好きなこと、とかはたくさんあっても、(これ!!)というものが見つかるのって、結構時間がかかったりするのです。

(プロ奢さんも、本の中で 本当に好きなことが見つかるのには、時間がかかる、と書かれています。
私自身の話でも、本当に好きなものや 自分の本質に目覚めたのは、31歳の時でした)

若い年齢の時に好きなこと・やりたいことがあっても、それは親の期待や世間の目を気にしたものが混じっていることが 往々にしてあるものです。

また、実際にその仕事についてみて、自分が思っていたのと違っていた、ということも多々あります。

そして、好きなこと、というのは移り変わりやすい、ということもあります。

人によっては、絶対これが、一生好き!という場合もあるかと思いますが、好きなもの・興味の対象が変わりやすい、という人達は多いと思います。

好きなものよりは、嫌いなものの方がハッキリと認識しやすく、そしてずっと、あまり変わらないものです。

好きなことより、向いていること

この嫌いなことを避けて、自分の興味があることに少しずつでも取り組んでいく方が、よっぽど現実的だと思います。

嫌いなことや不向きなことを続ける、ということは 自殺行為に近く、少しずつ自分を殺しているようなものなのです。

嫌いなことを続けてお金を得たところで、ストレスが激しすぎて、そのストレスを解消するために 暴飲暴食をしたり、無駄遣いをしたりするものです。
(私も良くやっていました。。遠い目)

苦手なことを頑張ってできるようになったところで、最初からそれが好きで得意な人達と比べたら 天と地の差ですし、よくて普通レベルか、それよりちょっと下、くらいにしかならないのです。

それだったら、苦手なことはさっさと捨てて、

好きでもないけど嫌いではなく、自分の素質に向いた仕事にまずはつく
→空いた時間で、気になることにどんどん挑戦したり、好きなことを磨いていく

方が精神的に楽で、生活費を得ながら 自分の好きなことにも取り組めますよね。

あきらめること・負けること・逃げること・投げ出すことが大事

世の中には前者・後者というものがいて、特に後者は基本、ポンコツでドンくさいので、できない自分を責めることも多いかもしれません。

でも、できないことがたくさんあるからって、落ち込む必要は本当にないと思います。

プロ奢さんは できなさや弱さを 弱さとも思わず、逆にそれを魅力にした、典型的な例じゃないですか✨

できないこととかって、逆にそれが周りを安心させたり、愛されるポイントになるんですよ。

苦手なことは、さっさとあきらめましょう✨

ポイッと捨てちゃおう!

そして、プロ奢さんも書かれていますが、

さっさと負けること・逃げ出すこと・投げ出すこと、がとっても大事です!!!

今までやってきたのに・・・
ここで辞めたら、意気地無し・嫌な奴だと思われる・・・

と思って、本当はやりたくもないことをダラダラと続けること程、時間と命の無駄はありません。

私は 生まれ持ってのまじめさ・責任感の強さから、ブラック企業に3年弱いましたが、心の底から、マジで無駄だったなと思います。

心身ともに壊れて、回復するのに、3年ちょっとかかりました。

我慢すれば、まじめにしていればいつか報われるなんて、幻想です。

嫌なことからはダッシュで逃げないと、自分のことを本当に守ってあげられるのなんて、自分しかいないなんです。

他人から嫌われる方が、楽に生きられる

別にわざわざ嫌われるようなことをする必要はないと思いますが、人間、

いい人でいても、嫌な人でいても、何かと言ってくる人って、いるもんですよ。

結果が一緒なら、自分が楽にいられる方を選んだ方が、自分が楽だと思います。

「凄いね!」とか「いいな〜」とか言われたところで、満たされるのは一瞬です。

その一瞬のために、自分を偽って人に合わせたり、愛想笑いしたり、思ってもいないこと言ったりするのって、エネルギーの無駄遣いです。

体力があまりに余っているうちはそれもできるのかもしれないですが、その無駄なエネルギーを、もっと建設的なことに使うことだって、絶対にできるのです。

自分らしくいて嫌われるのは、もう仕方のないことですし、それでも好いてくれる人、というのは 一定数いるものです。

そういう人を大事にすればいいわけですし、友達は減ってナンボです。

無理して一緒にいる必要もないですし、無理してつくる必要もないと思います。

自分の時間を確保することや 心地の良さを、まずは大事にしましょう。

まとめ

(プロ奢さんはコウペンちゃんが好きなんだそうです。私もコウペンちゃん好きになってきた😆)

プロ奢さんって、生きてるだけで社会貢献している人だなって思います。

だって、言葉で「自分らしくいよう!」とか「楽していいんだよ」とか言われたって、

実際 自分がやるのって、中々勇気いることじゃないですか😆😆😆

 

それを率先して、空気読まずに、ド派手にやってくれるって、社会貢献以外の何ものでもないよなって思うんです。

ここまで今までの価値観が通用しなくなった現在、プロ奢さんの生き方や言葉で救われてる人って、本当に大勢いると思います。

私も、その中の一人です😊

嫌なことをやめる・我慢しない・楽をするって、批判されがちですが、豊かに生きていくには 避けて通れない道だなと思います。

頑張って生きてきた人・まじめな人・責任感の強い人・我慢強い人は、最初は 今までの価値観を手放すのは怖いですが、必ず、少しずつでも 手放すことは可能だと思います。

私もその途中ですが、いつか、嫌なこと全部やめるという日を目標にして、少しずつ楽になっていきたいと思います😊🍀

お読み頂きありがとうございました、それでは本日はこの辺で失礼します。
またね〜( ^ω^ )

 

※自分ってなんでこんなにまじめなんだろう?って気になる方は、下のブログも読んでみてくださいね🍀

正の星と、偏の星

2019-07-02

人脈星があるのに、人付き合いが苦手な人は?

2019-06-26

 

Sponsored Link