「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んでみた

おはようございます。四柱推命鑑定師の、星河美宇です( ^ω^ )

今日から11月ですね、時間が経つのが本当に早くて、びっくりします。。😮!

本日は、初めての ‘本のレビュー’ を書いてみたいと思います。

20代の頃の私の反省点、それは

星河美宇
インプットばかりして、アウトプットをほとんどしてなかった。。!!

ということです。

本は年間250〜300冊くらい読んでいたのですが、なんというか気持ちばかり焦って(アホでした)、無駄な努力ばかりをし、自分の素質に合った努力ができていなかったです。
また、

  • 何を書いてあったか?
  • 具体的に自分に落とし込むところは?

ということを改めて振り返って考えてみると、答えることができないものも多いです。

こういうのって、我ながら(読んでる意味ないじゃん)って思うんですよね。

尊敬する精神科医・樺沢紫苑(かばさわしおん)先生が アウトプット大全で書いてらっしゃいますが、

アウトプット:インプット=7:3

がいいそうです。

現在はグッと読書量が減った私ですが、できる範囲で、これはと思った本については レビュー記事を書いていきたいと思います。

初めてのレビュー記事1冊目は、こちらです。

大尊敬するマナブさんがオススメされていたので、読みました☺✨

読みやすく、惹きつける文章を書くことの王道が書かれた本

作者の古賀史健さんは あの有名な本、嫌われる勇気を書かれたライターさんです。

毎年平均10冊以上、合計で80冊以上の書籍作りに携わっておられ、10万部、20万部を超えるベストセラーも生み出してこられた、凄い方です✨

私は 文章術系の本を読むのは、かなり久々の様な気がします。

読んだ後の率直な感想は、

わかっている様でわかっていなかった、ボヤーッと頭の中に浮かんでいた様なことを、具体的に、論理的に、わかりやすく噛み砕いて

かつ

机上の空論ではなく、現場で鍛えられた実学も一緒に、書いて下さっているな
ということでした。

この本は、文学的に美しい本の書き方、というよりも、‘正しい書き方’を教えて下さっています。

  • どうすればわかりやすく?
  • 読者を惹きつけて、
  • 読者を説得するのではなく、納得してもらう・一緒に考えてもらえるか

というためのポイントが、本当にわかりやすく書かれてあります。

リズムと構成・編集

リズム

文章は心地いいリズムというものがあります。

  • 句読点・読点・接続詞
  • 改行
  • 漢字とひらがなのバランス
  • 音読して文章のリズムを確認する

基本的なことですが、この基本をしっかりと抑え、論理展開していくことが大切だ、と書かれています。

構成

映画監督の様に、カメラワークを考える。

遠くから撮影したり、はたまた とても近づいて、アップで撮ったり。。ということを、文章においてもやってみること。

文章のカメラワーク
  1. 導入(序論)
  2. 本編(本論)
  3. 結末(結論)
論理的な文章の3階構造
  • 主張(結論)
  • 理由
  • 事実(具体例)

この2つ目の手法は、マナブさんもよく使われていますが、本当に読みやすいです。

最初に結論を言ってしまうことで 論点がずれにくく、かつ読者に安心して読み進めてもらうことができます。

編集

  • 頭にぐるぐるがあるのなら、まずはそれを書き出すところから
  • 何を書くか?ではなく 何を書かないか?が大事

読者の椅子に座る

これは、私のブログではかなりスルーしている部分ではあります😂

なんというか、このブログは 私が自由に生きていくための自己開示の場所でもあるため、結構ぶちまけています(汗)😂

それを大前提に、やはり随所随所では、読者の視点に立って書くことを意識しています。

大切なことは以下だと、作者の古賀さんは書いていらっしゃいます。

読者の椅子に座るとは
  • 基本的に皆、他人事に興味がない。自分事にする事で、納得させる。
  • 10年前の自分’の椅子に座る
  • 特定のあの人’の椅子に座る
  • 仮説と検証を書き、読者に議論のテーブルについてもらう
  • 自分で自分の文章にツッコミを入れる
  • 自分の頭でわかった事以外は、書かない

特にこの章で印象深かったのは、

「わかるやつにわかればいい」というのはウソ。
著者の理解が深ければ深い程、わかりやすい表現でどんな高度な内容も語れるはず
(by 吉本隆明さん)

という箇所でした。

占いを、いかに専門用語を使わずに説明するかって、本当にいつも悩みどころなんです😅

もっとわかりやすく。。というのと、
マニアックな事を書きたい。。という気持ちの、せめぎ合いですね笑。

試行錯誤しながら、マニアックなこともわかりやすく、書ける様にしていきたいと思います。

まとめ

古賀さんが最初の方で書いておられるのですが、

理解したから書くのではない。解を得るために書くのだ。

というのは、何だか たった今、私がそれを実感しています😮!!

ボヤーっと理解したのかもわからない様な状態から、この文章を書くことで、私の頭がスッキリしました笑。

書くことって、凄い。。!!

拙い初めての本レビューとなりましたが、何事も練習です。

マイペースに、続けていきたいと思います。

それではまたね〜、星河美宇でした🍀

Sponsored Link