占いの種類

こんばんは!四柱推命鑑定師の、星河美宇です( ^ω^ )

いきなり命式を出したりと、四柱推命の基本についての記事をほぼあげていなかったので😆、少しずつ書いていこうと思います。

まずは、占いの種類について書きたいと思います。

占いは、ざっくり分けると西洋占星術(西洋で発達してきたもの)と東洋占星術(中国で発達してきたもの)に分けることができます。

そして、西洋・東洋に関係なく、占いは朴術・命術・相術の3つに分けられます。

朴術(ぼくじゅつ)

偶然・偶発性から、現在の本質とその解決策を導き出します。‘卜術’とも書きます。

3000年程前から存在しており、元々は亀の甲羅や 鹿の骨を焼いて、その亀裂から吉凶を判断していたと言われています。

  • タロット
  • サイコロ
  • コイン
  • 易経(えききょう)
  • おみくじ

など

元々持っている宿命や才能を占うにはあまり適しておらず、日々移り変わる人の気持ちや、その時・近い未来に決断を迫る際に威力を発揮します。

命術(めいじゅつ)

生年月日から導き出す、生まれ持った不変的な宿命・才能・性質・人生全体・現在の運気を導きます。

  • 四柱推命
  • 算命学
  • 気学(方位は朴)
  • 紫微斗数
  • 数秘術
  • 0学
  • 宿曜
  • 星占い

など

基本相性についても、命術を使用されることが多いです。

相術(そうじゅつ)

ものの状態や形から判断します。人の体の部分からも、性格や健康状態・人生の主なイベント時期などが読み取れます。

  • 手相
  • 人相
  • 家相
  • 風水
  • 姓名判断(字画なら命術に入る)

など

化粧やインテリアを変える・掃除によって 開運することがあるため、朴術や命術と比べて 気軽に、開運ポイントとして生活に取り入れやすいと言えます。

続きはこちらです

四柱推命ってどんな占い?

2019-05-25

Sponsored Link