飽きっぽいのはいけないこと?極めなきゃいけない?

おはようございます、占い研究家の、ほしかわみうです( ^ω^ )

四柱推命の星の中で、飽きっぽい星といえば

飽きっぽい星4つ
  • 絶(ぜつ)・・・気分にムラがある
  • 沐浴(もくよく)・・・本能のままに生きたい
  • 胎(たい)・・・新しいことをやりたい・気分がコロコロ変わる・器用
  • 偏印(へんいん)・・・強烈に飽きっぽいところがある・気が変わる

と言われています。

(星の意味はあまり変わらない感じがしますが、微妙に違いますw)

命式を調べてみる

お手元に命式がない方は、こちらから出すことができます。
(スタークローラー様のサイトをお借りしています)

飽きっぽいことって今まではあんまり良くない様な風潮だった、地の時代でした。

しかし、風の時代になり、コロナもこういう状態で💦世界が激変しているので、さすがに「飽きっぽい=良くない」という価値観を持っている方は、少なくなったのではないでしょうか。

風の時代を、四柱推命の視点から考えてみる

2020-12-12

しかし!それでも!今なお

  • 始めたら極めなきゃいけない
  • もっとレベルを上げないと・・・!
    こんなレベルでお金を頂いてはいけないんじゃないだろうか?

と悩んでいる方って、結構多いのではないかな?と思います。

めっちゃわかります🤣
上には上がキリがなくいて、いざ勉強を始めると尻込みしちゃいますよね🤣

どんだけ高い山〜!というか、四柱推命の山って一生かかっても登れないんじゃ・・・🧐

そこで✨
田村淳さんの、とっても素敵なツイートを見つけましたよ✨

本当にその通り!!

別に「始めたから、絶対一生やって、極めなきゃいけない」っていうもんではないと思うんですよね。

私も、占い含め物事は、飽きたらすぐにやめようと思っていますし、
絶対一生やる!!っていう固い決意はありません😳

「一生やって極めます!!」って宣言することで 自分の肩に力が入ってしまうのも嫌だしね。

義務感になりそうな事は言わないし、書かないかな(衰もちっぽいね笑)。

 

素晴らしい先生に恵まれたし、今は心から楽しいと思うし、(これは明らかに違う)という感覚がないから、やっているだけ。

占い自体はおそらく一生飽きないけど、そこまで固執して(続けなきゃ!!)って思っている訳でもないんですよね。

時間を忘れて楽しめるので、いつの間にか続けている、という感覚です。

 

鑑定も、好きで心からやりたいと思ってやっているし(今は受付休止中)、
素晴らしいお客様方に恵まれていますが、

同時に 私は職人肌の人間なので、鑑定1本でやる占い師じゃないな、
何か職人的なこともやっていきたいな、

と常々考えています。
(時間との葛藤・・・!でも、何とか時間作っていきたいな🤣)

物事は極めなきゃいけない、
友達はいた方がいい、
ぼっちは寂しい、

とかいう空気が日本には蔓延してますよね💦

淳さんが書いてらっしゃる様に、もうそこまで人に合わせなくてもいい、と思います✨

 

副業が推進される時代で、多くの方が(何をやっていこう?)って悩むと思いますが、

気楽に、飽きたらやめてもいい、
自分のペースでやっていけばいい、

と、 長いこの人生100年時代を、気長に気楽に捉えると心が軽くなるなぁ✨と思いました✨

素敵なツイートなので、もう一度貼り付けます💕

 

ではでは 今日はこの辺で☘️

9月も皆さま、健康第一でお過ごしくださいませ♨️☘️

またね〜、ほしかわみうでした( ^ω^ )

 

【関連記事】ステイホーム関連の記事まとめ

 

 

Sponsored Link