‘わたし’ を極める努力の天才♡比肩建禄(ひけん・けんろく)

こんばんは、四柱推命鑑定師の、星河美宇です( ^ω^ )

今日は、このブログにもよく出てくる【比肩建禄 ひけんけんろく】について、書いていきたいと思います。

四柱推命では、【比肩 ひけん】と【建禄 けんろく】が同じ柱に、縦に並ぶ状態を、特別な組み合わせとしてみます。

(他の特別な組み合わせ・劫財帝旺(ごうざいていおう)についてはこちらから
トップに立つために生まれてきた♡劫財帝旺

こんな感じ

(こちらは、大好きな子宮委員長はるちゃんの命式)

※違う柱にそれぞれが単体で入っている場合も、似た感じになるけど、同じ柱だとさらにその意味合いが強まる感じだよ〜

とにかく、個人で活躍している人には80〜85%位(勝手なわたしの感覚)は入っているん
じゃないかという位、定番で入っている星の組み合わせなのです。

比肩建禄をもつ著名人

(敬称略)
ホリエモン前澤友作・渡辺直美・西野亮廣・篠原涼子・宮崎駿・樺沢紫苑・苫米地英人・平野ノラ滝川クリステル・所ジョージ・マナブさん

具体的にどんな意味合いなのか、解説していきますね😉

→ご自身の命式がお手元にない方は、こちらで調べることができます

とってもかっこいい星、【比肩 ひけん】

【比肩 ひけん】という星は、自立心・自我を表します。

この星は、何よりも自分が大事。
徹底的に、自分軸の星です。

自分のやり方でやりたいし、尊敬しない人に何かを言われることや、自分のペースを崩されることを、非常に嫌います。

よくも悪くも個人主義で、クールでひたむきで、星の中で一番の 頑張り屋さん。
どんな努力もいとわず、ストイックに努力を積み重ね、研鑽して、自分を高めていこうとする星です。

べる’ と書くように、無意識のうちに人と比べる自分がいて、競争心が高く、大変な負けず嫌いな星でもあります。

しかし比肩をもっている方というのは、自分よりもレベルが低い人を探している・見つけるというよりは、(勝ちたい)と思える相手を常に探している、という感じですね。

勝ちたい、負けたくないと思い ひたむきに努力するのは、あくまでも

自分が納得したいから、
‘自分’ を徹底的に極めたいから、
自分の仕事に誇りをもって、徹底的に取り組みたいから
、です。

その姿は不器用とも言えるほど まっすぐで、職人的な性質といえます。

かっこいいよね💕

淡々と努力を積み上げていく星、【建禄 けんろく】

【建禄 けんろく】というのは、エネルギーを表す十二運星のうちのひとつです。

十二運星とは、人がお腹の中に宿ってから、死んであの世へかえるまでの姿を 漢字で表しています。

建禄が表すのは、働き盛りの壮年期(40代くらい)です。

イメージは、部長

淡々と、休みなく安定的な 前進と努力を、積み重ねます。

エネルギーが帝旺の次、2番目に高い星ですので、単純に、タフで体力もあります。

現実的・現世的な感性をもっていますので、ビジネスをやるのにも向いています。

四柱推命の世界では✨王子様✨に例えられる程、かっこいい星なんですよ😍✨

2つ合わせて、最強

かっこよくてひたむきな頑張り屋さん、【比肩】と、
安定的な前進と努力を積み重ねる【建禄】が重なると、

もう最強なのです。
(ちなみに最強の星は帝旺だけど、比肩建禄もある意味最強だと思う✨)


あ、壮年期の星が、こどもになってる

ほんと、かっこよすぎますね😍✨

比肩建禄の方の努力というのは 本当に凄まじくて、自分を際立たせるための努力が、本当〜にうまいです。

際立たせる努力の天才の例✨

大尊敬するマナブさんを鑑定します

2019-08-15

比肩は自分を極める星・自分が看板になる星であることに加え、普段の努力も凄まじいので、
自然と自分が際立つ方法がわかってくるんだと思います。

か、かっこええ。。😍💞

ぜひとも、男女問わず 比肩建禄をお持ちの皆さま、人の目線など気になさらず、徹底的に自分を極めて、世の中の人達を熱く沸かしてくださいませ💕

それでは、本日はここまでです( ^ω^ )
まったね〜❣️

 

 

Sponsored Link