30歳成人説

こんにちは、占い研究家の、ほしかわみうです( ^ω^ )

少し前に、こんなツイートを見つけました。

わかる〜〜〜🤣🤣🤣と
首がもげそうな程 頷いた上に、

(30歳での納音のことを表した様な言葉だな)

とも思いました。

30歳の納音(なっちん)というのは、30歳の時に全員共通で巡ってくる、年柱干支の納音のことです。

納音(なっちん)の年の事例

2021-01-29

納音については色々と意味がありますが、上の記事か、ググればいっぱい出てきますので、そちらをご覧下さい。

30歳の時には全員共通で、

  • 今までの自分のあり方を深く考えさせられる様な事
  • 再スタートをきる様な事

が起こりやすいんですね。

深く・・・深く見つめなおす時期

村上春樹さんも仰ってますが、30歳までに(これから人生をかけてやっていこう!)って事がわかる人って、ほとんどいないと思います。

みんな、30歳までに色々体験して、
30を過ぎてやっと、自分の適性とか、やりたい事がジワジワとわかってくるんですよね。

 

まぁ 正直、四柱推命で自分の命式を知っている人なら、誰でも

(もっと早く知りたかった)
(もっと早く知っていたら、こんな苦労や遠回りはしなかったのに)

とか、ぶっちゃけ思いますよね😂

私、しょっちゅう思いますよ😂

もうほんと、中学生くらいから知りたかった🤣

(もっと早く知りたかった〜!)ってみんなめっちゃ思うよね

タラレバを言ってもどうしようもないんだけど、

でもそれくらい、
(知らないと損をする)レベルで、
素晴らしく当たるものだと思います、四柱推命って。

(たまに勘だけで生きて、それが命式と運勢にピッタリ合っている、という人もいて、シンプルに凄いと思う)

人生いろいろだニャ・・・

村上春樹さんが書いてらっしゃる様に、

30歳までは色々な事を経験して、自分の世界をどんどん広げていく時期、

そして30を過ぎたら、

自分に合うもの・
自分が好きなもの・
自分が見たい世界

を選びとっていく時期

と言えますね。

いやぁ・・・ほんとしみじみ頷きます😇

 

色々と思うことはあれど、占いが本当の意味で響いてくるのって、30歳とか40歳を過ぎてからなんだろうな、とも同時に思います。

人それぞれ、いろんな後悔や失敗などあると思いますが、
ひとしきり泣いたり悔しがったりした後は、
少しでも前を向いていきたいですね。

うん、本当に。

 

そして、20代の方で色々と自分の進路に悩んでいる方は、大丈夫ですよ!

悩んで当然、
これから自分の生きたい様に変えていけばいいんですよ☘️

まだまだ若いから、何でもできますよ☘️

 

こういう時期なので、みんな人生について色々と考える事もあると思いますが、

少しでも自分が納得できる様に、
少しでも楽に楽しく生きていける様に、

人生をクリエイトしていきたいですね☘️🌈

無理せず、マイペースにやっていきましょう☺️🌈

 

ではでは今日はこの辺で、
今日も読んでくださってありがとうございます☘️

またね〜、ほしかわみうでした( ^ω^ )

 

【関連記事】ステイホーム関連の記事まとめ

 

 

 

Sponsored Link