20年の大運天中殺が、ついに終わる①

こんばんは!しろたんです。毎日寒いですね❄

しろたんは最近、四柱推命のオンラインモニター無料鑑定をやっています(あっ、ブログのメニュー表に書いてなかった💦お客様のご紹介でたくさん来ていただいています。本当にありがとうございます😊✨)

実は2017年5月〜2017年末くらいには既に、独学で鑑定が可能な状態になっていたんですが、元来の謙遜ぐせ(自虐ぐせともいう?)で有料にすることができず、1年半くらいずっと無料で鑑定していました💦

あまり控えめ、謙遜しすぎるのも良くないので、有料にする準備が整い次第、また告知させて頂きますねm(_ _)m💦

1人ビジネスはライターの時以来なのでドキドキしますが、これからもトライ&エラーを繰り返して、進めていきます☺

明日で20年の大運天中殺が終わる

今日は2019年2月2日なのですが、な、な、なんと!!明日で、

私の20年に渡る大運天中殺が、やっと終わるんですよ〜〜〜!!

ワー!!パチパチパチパチ✨✨

まず大運が何かと言いますと、10年ごとに切り替わっていく運です。テーマもその10年ごとに変わっていきます。

大運天中殺とは何かを説明しますと、天中殺が連続した20年間に渡りやってくる状態です。

天中殺とは、別名‘空亡’、六星占術では‘大殺界’とも表現されます。

天中殺については別の機会に取り上げたいと思いますが、端的に言いますと

  • 時間があって空間がない
  • 際限がないので、天上でも地の果てでも、どこまでもいきやすい

という状態です。

これが20年続くので、さぞ怖い、辛いのがずーーーっと続くのか、と言えばそんなことはなく。

要注意なのは最初の入りの5年と、最後の出の5年です。特に、年運の天中殺が重なっている場合、より注意が必要になってきます。

間の10年は、超絶好調✨の時期です😊

でですね、私の大運の流れが、こちらです↓

0〜3歳・・・・・庚辰  偏印 墓

4〜13歳・・・・辛巳  印綬 絶

14〜23歳・・・壬  比肩 胎 (空亡)

24〜33歳・・・癸  劫財  養 (空亡)

34〜43歳・・・甲申  食神  長生(明後日から⇦ココに入る♡)

私は午未天中殺なので、大運表の地支のところに、‘午’と‘未’が入るところが、大運天中殺になるんですね。

その年の運気は1月1日から始まる訳ではなく、2月4日から始まることになっています。

で、私は明後日2月4日から、34〜43歳の大運に入ります♡

4〜13歳の頃の話、絶の大運

大運天中殺というのは本当に長いので、今それが終わろうとしている私は、もう、なんか

感無量です。本当に長かった・・・・・!

新たな運気を迎えるため、ここらで大運天中殺の、私の実例をお話しさせていただければと思います。

ここから、暗いのが嫌いな方は読まないでくださいね💦

本当に暗い過去だったので、自分の中に溜め込むばかりでずっと、人にほとんど話してこなかった内容です。

・まず4〜13歳の時には

3歳前後から母が入院しており、以降私が高校を卒業して実家を出るまで、入退院を繰り返す(父親がロクデナシで働かないため、母が妊娠・出産後も働きすぎて、体を悪くした)。

おそらく母と一緒に住んだのは、通算6年ほど。一緒にいる間は、ザ・不幸な人で、不幸な顔しか見たことないです。家が常に、実家を出るまで、不幸感で満ち満ちていた。体も弱って危篤になったのが2回。

父は働かずアル中。大病院の開業医のボンボンの家で生まれ育ったが、一人息子だったため とんでもなく甘やかされて育ったらしく、お金を使うことしか知らない。当時6歳程度の年齢だった私の少額の貯めていたお金を盗む(直感ですぐ父だとわかった)。母の多額の貯金を、勝手に全て使い果たす。

母がほとんど入院で家にいない、父は家事はほぼできないので、児童養護施設に私達3人兄弟を預かってもらえないか父が相談に行ったらしい。

9歳の時に、母の堪忍袋の尾が切れて、私達3人兄弟を連れて母の実家へ強制的にいくことになる。

母は体どころか精神も衰弱しきっており、意味不明の発言、行動を繰り返すようになる。まさに精神病の状態です。

家の中だけでなく、親戚の家や、一緒に外出した際にもおかしな言動をするので、よく変な目で見られていました。小学生の私には、ただただその度に、絶望感しかなかったです。

単純に、自分の母親が弱り切っているのを見るのは、本当に辛いですよ。。気が滅入りっぱなしで、なぜうちの家はこんなにも暗くて不幸で、普通ではないんだろうと、いつも思っていました。

いきなり親戚の家に連れて来られて、親戚と同居することになり、私もまだ子どもだったので、とても混乱していました。

しかも母は実家に戻って速攻入院しましたので、兄弟3人が実母なしで、親戚の家でいきなり暮らし始める訳です。

親戚の家には超怖い、軍人上がりの祖父がいましたので、まあいつも怖かったです。毎朝、私の父がいかに愚かでロクでもないかを延々と聞かされました。

別の場所に住んでいる叔母たちもたまに世話をしてくれましたが、まあいいところもありますが、子どもマウンティングをよくする人達で・・・よく気が滅入ってましたね。

あと、毒叔母がおり、この人には母と兄弟共に、この頃から現在に至るまで、トラウマになるような罵詈雑言を言われ続けました。凄いですよ、まさに妖怪みたいな人物なんです😱

まさに大運通りの、実体がない魂のような、絶感まんさいな10年でした😱😱😱

ここ、大運天中殺っぽいですが、まだ入ってないですからね??

 

 

 

長くなったので②に続きます。

20年の大運天中殺が、ついに終わった②

2019-02-09

 

Sponsored Link